乾燥肌の影響|保湿で攻めの一年に|コンプレックスを打破

保湿で攻めの一年に|コンプレックスを打破

女性

乾燥肌の影響

お尻

意外な部分にも

大人ニキビは、思春期にできるニキビと異なり、乾燥肌が原因になることが多いです。ニキビなのに肌は乾燥しているのかと思う人もいるでしょうが、ニキビができるのは肌のターンオーバーが乱れているからです。肌が乾燥していることで、皮脂分泌が過剰になっているのです。乾燥肌はターンオーバーを乱す原因のひとつです。ニキビができるのは顔だけではありません。皮脂腺が体中にあるため、背中やお腹、お尻にもできます。お尻は意外にも皮脂分泌が多い部分です。また、座っている時間が長いと外部からの刺激や体重がかかります。下着による擦れや蒸れも発生します。そのことにより、皮膚が厚く硬くなり、乾燥しやすくなるのです。ですから、座り仕事が長い人は、ときどき立ち上がってお尻をほぐすのがおすすめです。そして、下着を通気性の良いものにすることで、肌への刺激を減らすことができます。

専用のクリームが人気

お尻のニキビを改善するには、それだけでは足りません。外部からの刺激をできるだけ避けながら、保湿ケアが必要です。乾燥を防いでターンオーバーを整えるために、肌の内部に保湿成分を届け、しっかりと潤いを保つようにすることが大切です。人気があるのが、お尻ニキビを改善する専用のクリームです。保湿ケアには、ボディークリームや化粧水が用いられることが多いですが、通常の化粧品よりもお尻の肌の内部まで成分を浸透しやすく、潤いをキープできる仕組みになっている上に、美白成分が配合されていることで、ニキビ跡の改善やお尻の黒ずみ、色素沈着にも効果が期待できます。このように、お尻専用に作られている化粧品であるため、人気があります。